グループ法人税務の失敗事例55
グループ法人税務の失敗事例55 業法のため、契約のため、資本関係で、マーケティングで、
グループ会社の設立は大事な経営戦略の一つ。
でもちょっと待って!グループ法人税務は万全ですか?
平成22年度導入のグループ法人税制完全対応。
実務のポイントに絞って理解できる必読の一冊。
お買い求めはコチラ
 
グループ法人税務の失敗事例55

こんな時、こんな場面で、 税務に失敗しない!

わかりやすくてすぐに役立つグループ法人税務の解説が満載!

こんな時こんな場面で失敗しない!「本当に役立つ」グループ法人税務解説本の決定版。 社長の弟の会社と取引がある
子会社に機械を譲渡した
グループ会社に債権を譲渡した
グループ会社を合併した
会社を分割した
会社を買収した
税務調査で意に反した指摘を受けた
親会社に配当金を出した
子会社をつくって交際費の控除を増やそうとした
100%子会社にするため株式を買取った
子会社を売却した
子会社を清算した
不動産をグループ会社に売却した
事業の一部をグループ会社に移管した
グループ会社間で株式を交換した
節税のため連結納税を導入した

著者のご紹介

吉田 博之( よしだ ひろゆき)
公認会計士

昭和43年神奈川県生まれ。監査法人に10年間勤務したの ち、平成16年、辻・本郷税理士法人入所。現在M&A・事 業再編部統括部長。組織再編、事業再生コンサル業務を主 に担当し、それ以外にも上場会社及び株式公開準備会社の 税務、資本政策のアドバイスに携わる。著書には『中小企業・ オーナー企業のためのグループ法人税制実務Q&A』(税務 経理協会)、共著に『小さな会社の新会社法100%活用術』 (実業之日本社)、『一番よくわかる会社の設立と運営』(西東 社)がある。

失敗から学ぶ実務講座シリーズ

公認会計士が見つけた!(本当は怖い)グループ法人税務の失敗事例55
税理士が見つけた!(本当は怖い)飲食業経理の失敗事例55
税理士が見つけた!(本当は怖い)事業承継の失敗事例33