グループ法人税務の失敗事例55
グループ法人税務の失敗事例55 業法のため、契約のため、資本関係で、マーケティングで、
グループ会社の設立は大事な経営戦略の一つ。
でもちょっと待って!グループ法人税務は万全ですか?
平成22年度導入のグループ法人税制完全対応。
実務のポイントに絞って理解できる必読の一冊。
お買い求めはコチラ
 
グループ法人税務の失敗事例55

公認会計士が見つけた!(本当は怖い)グループ法人税務の失敗事例55

事例35支配関係の継続要件

A社は不動産管理の会社です。A社は2年前に 卸売業を営むX社と小売業を営むY社を子会社に 持つB社を吸収合併しましたが、このたび、X社 とY社を合併することとしました。  X社とY社は10年前からB社の子会社でし た。  Y社は繰越欠損金を有していましたが、X社と Y社との支配関係は、A社が親会社B社を吸収合 併した時と考え、また、共同事業を営むための合 併に該当しないことから、繰越欠損金の引継ぎに 制限があるとして申告しました。
なぜ失敗?