グループ法人税務の失敗事例55
グループ法人税務の失敗事例55 業法のため、契約のため、資本関係で、マーケティングで、
グループ会社の設立は大事な経営戦略の一つ。
でもちょっと待って!グループ法人税務は万全ですか?
平成22年度導入のグループ法人税制完全対応。
実務のポイントに絞って理解できる必読の一冊。
お買い求めはコチラ
 
グループ法人税務の失敗事例55

公認会計士が見つけた!(本当は怖い)グループ法人税務の失敗事例55

事例38組織再編による不動産移転

A社はサービス業を行う傍ら、不動産管理業に よる収入がある個人甲が100%株式を所有する オーナー会社です。将来的な事業承継などを考え、 会社分割により不動産管理業を別会社(B社)とし て設立することにしました。  不動産管理業にかかわる資産には多額の含み益 があるのですが、100%支配関係下での会社分 割であるため、税務上の適格分割に該当し、無税 で会社を分けることができると考えていました。  ところが、分割に関して法人税はかからなかっ たのですが、不動産をB社へ移転することについ て多額の登録免許税・不動産取得税を支払うこと になってしまいました。
組織再編による不動産移転
 
なぜ失敗?